2010年10月16日

コスギンのワンポイントリリーフ:ホールド4

ストリートライヴをやっていた田中政嗣君と出逢い、いきなり
「今、とりあえず何をするのが夢?」と訊ねたら、彼がこう言った。

「僕、吉本の芸人やないけど、ハイヒールリンゴさんを目の前にして、
 リンゴ姉さん、と声をかけたいです」

人にはいろんな夢がある。
私は今、ハイヒールリンゴさんを目の前にして、アップル姉さんと声をかけたい。
posted by 小杉なんぎん at 09:15| Comment(0) | TrackBack(0) | コスギンのワンポイントリリーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

俳句・母心・貼るカイロ・鼻血

たとえば、体中のお肉がだぶついて、
そのお肉を矯正下着に無理やり詰め込んでナイスバディ。
そんな感じで、自分の思いをたった十七文字に
無理やり詰め込むのが俳句。

という私の表現は、表現そのものが
隣の家に行ってしまっているような気がする。
しかも晩ごはんタイムにしゃもじを持って。

そんな話はどうでもよくて、俳句。

俳句を始めて三十年の私は、
これまでたくさんの俳句をひねってきた。
ひねってひねってひねりまくってきた。

その反動なのかどうかよくわからないが、
おばあちゃん、お母ちゃん、嫁はん、娘、などに
「もっと、しっかりせい!」と
体のどこかはよく覚えていないが、ひねられ続けてきた。

そんな話もどうでもよくて、俳句。

大岡信先生が名句を毎回一句ずつ紹介されている
連載を目にした小杉なんぎんは、何を思ったのか、
自分の俳句をどこかで連載できないものか? と考えた。

その考えに乗ってくださったのが、フリーペーパー
「花形文化通信」の塚村真美さんという
遊び心たっぷりの方で、塚村さんのおかげで
私の俳句の毎月の連載が始まった。

と思ったら、次はリクルートの「週刊Bing」という情報誌の
黒田真行さんという方が、私に俳句の週刊の連載を
させてくださるということで、ああ、遊び心は母心、
という訳で、私の俳句の連載が始まった。
(そんな連載、今まで見たことがない)

調子に乗った小杉なんぎんは、毎日放送ラジオの
実況中継俳句会を、大阪の桜之宮公園というところで行った。

その日、花見酒を飲みすぎてしまった小杉なんぎんは、
肌寒い中、公園に集まってくださったおばあさんの背中に
あらかじめスタンバイしてあった貼るカイロを
順番に貼らせていただいたこと以外、何も覚えていなかった。

翌日、その俳句会を毎日新聞の記者の
大島秀和さんという方が見事な記事にまとめてくださって、
さすがプロやなぁ、と感心してる場合じゃなかった小杉なんぎん。

という訳で、小杉なんぎんの俳句の連載で一番ウケたのが
(俳句の評価でウケるというのもどうかと思うが)
この作品。

 流れる鼻血よ流れるままに流れんかい

これのどこが俳句やねん?
というツッコミは勘弁していただきたい。

何故なら、私のお気に入りの俳句が、俳人吉岡禅寺洞先生のこの作品。

 地虫 壁にぶつかって なにやらわからないことをいってる

呼び捨てにして悪いが、おい、大丈夫なのか? 禅寺洞!
という前に、こんな俳句がお気に入りの小杉なんぎん、おい、大丈夫なのか?
posted by 小杉なんぎん at 09:14| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。