2010年10月30日

俳句って何なんだい?

ところがその時、彼女がこう言った。

「もう二度と電話しないでかけないで」
って、これって、一体何の話?

という説明は、とても簡単。

「もう二度と 電話しないで かけないで」

は、五、七、五、つまり俳句。
という訳で、俳句の話はあのねのね。

以前、私が、「バッティングセンターで球を見送っている」
という俳句集を出版させていただいた時に、
私の俳句が、その当時、「関西文学」という文芸誌で
編集長をされていた河内厚郎さんの目に止まり、
うちの誌面で俳句を発表してみないか、と声をかけてくださった。

ああ、カッコイイ文芸誌。
ああ、カッコワルイ小杉なんぎん。

それはまるで、オートクチュールのファッションショーで
小杉なんぎんがファッションモデルをするようなもの。

ダメージジーンズもヘルムトヤングの
ペインティングジーンズも真っ青の快挙。


生き死にの話の傍で盆踊り


いきなりそんな句で始まった私の俳句は、


感傷が磨り減りそうな秋の秋


見る前に綺麗とわかる紅葉かな


という具合に続き、十六句の発表の中で、
一番評判が良かったのがこの句。


月が出て私はどこに出ればいい


おいおい、小杉なんぎん、お前は一体どこに出たいんだい?
月と自分を比べてどうするつもりなんだい?
ひょっとして、宇宙飛行士を目指しているのかい?
でも、もう53歳だから、年齢制限で宇宙飛行士は
ちょっと……そんな感じなのかい?

って、関東弁で話をしているこの人は、一体誰なんだろう?
とか何とか、何を言いたいのかよくわからない私。

と、つるむように、時々、私の俳句は、
何を言いたいのかよくわからないと言われる。

私のマイ・フェイバリット・ハイクに
俳人橋本夢道先生のこんな句がある。


からだはうちわであおぐ


この句を初めて読んだ時、そして、
今現在も何を言いたいのかよくわからない。
けれど、どうやらこれが世間で俳句として
認定されているらしく、私は今も、何を言いたいのか
よくわからないのが俳句だと勘違いしている。

最後に、この橋本夢道先生の俳句に
アンサー・ハイクを捧げたい。


あたまはせんすであおぐ
posted by 小杉なんぎん at 15:48| Comment(1) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
M-1三回戦19〜21日で大阪に遠征します。
各日の19時半〜22時は京橋花月にいます。
20日、21日のそれ以前の時間は暇ですので時間あれば会いましょう。
Posted by ヒロ吉田 at 2010年11月10日 14:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。