2010年09月24日

コスギンのワンポイントリリーフ:ホールド1

私の友人の長塚隆という人のこんなギャグがある。
「中国製のケータイ買うて安いのはええんやけど、
 中国語を習うのにいくらかかるんやろ?」

私は今、大阪で買ったケータイを使って大阪弁で話をしている。

人気ブログランキングへ
posted by 小杉なんぎん at 15:27| Comment(8) | TrackBack(0) | コスギンのワンポイントリリーフ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コスギンを今年の流行語大賞にしよう! の巻

私の著書に、『バッティングセンターで球を見送っている』という本がある。
残念ながら、あまり売れなかった。

その理由はわかっている。
この本を出すにあたって、私が「小杉なんぎ」というペンネームを、
「小杉敦里」というペンネームに変えてしまったからだ。

その理由はわかっている。
「敦里」という名前がカッコイイと思ったからだ。

が、しかし、私はその時、大変なことを忘れていた。
私自身がとてもカッコワルイということを。

きっとその当時、私は巷のどこかでこう言われていたに違いない。
「あなたはカッコワルイのデパートよ!」
「あなたはカッコワルイの総合商社よ!」と。

たしかにキムタクもマツジュンもカッコイイ。
コスギンはカッコワルイ。
それは地球に引力があるのと同じように、歴然とした事実だ。

コスギン(この言い方もかなりカッコワルイが)こと、小杉なんぎんが、
これまでどれだけカッコワルイことをしてきたか、をここで書き出したら
タウンページを軽く超えてしまいそうなので、とてもここには書けない。

ので、なかなか理解してもらえないかもしれないが、
私の娘と息子たちは、私のカッコワルイを心底理解してくれている。
さすが子供たちだ。さすがDNAだ。
と、感心してる場合でもないが。

そんなこんなで、私の幻の著書『バッティングセンターで球を見送っている』を、
あのアマゾンで調べてみたら、なんと、在庫0になっている。
「こりゃあ、名実ともに幻になっちまったぜ」と、
時代劇の江戸っ子になって悦に入ってる場合でもないが。

こんなそんなで、あのアマゾンにすら置いていないこの本は、
二千円札を探すより見つけにくい。手に入らない。

全国一億二千万人もの人がいる。人生色々。十人十色。
中にはこの本がほしくてたまらない人がいるかもしれない。
あのアマゾンにすら置いていないこの本を、私は何冊か持っている。
そこで、この本をヤフーのオークションに出す。

レアモノだ。プレミアだ。
あっという間にこの本の値段が信じられない価格にまでハネ上がる。

「やった!」

と喜びたいところだが、私はそんなことはしない。
ヤフーのオークションに出す気はない。
何故なら、もし出して、価格がハネ上がるどころか、
定価千円のこの本に十円以上の値段がつかなかったら、それこそ、
本当に本当にカッコワルイからだ。



(編者注:文中でアマゾンで在庫0とありますが、新品が品切れ中なだけで
 アマゾンマーケットプレイスで売られている中古品は、なんと1円!
 嗚呼、やっぱりカッコワルイ、わかっていたけどカッコワルイ……)

人気ブログランキングへ



バッティングセンターで球を見送っている

バッティングセンターで球を見送っている

  • 作者: 小杉 敦里
  • 出版社/メーカー: プラザ
  • 発売日: 1996/06
  • メディア: 単行本



posted by 小杉なんぎん at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月18日

5個とか30個とか3個とか、6倍とか10倍とか。

あのねのねの清水国明さんのお姉さんの顔が
思い浮かぶ書店で、こんな本を見つけた。

『幻の創句ふたたび 一言絶句』選著 永六輔 光文社

今はなきマガジンハウスの月刊誌「鳩よ!」に
掲載されていた、俳句でも川柳でもない新たなジャンルの
「創句」という投稿を一冊にまとめたものである。

なんと、この本の中に、あの「小杉英則」の名前を30個も見つけてしまった。
選著の永六輔氏の名前が、表紙や背表紙、それに奥付を含めても
たったの5個しかないのに、「小杉英則」の名前は、その6倍の30個。
とにかく6倍は凄い。30個は凄い。

ちょっと想像してほしい。
エグザイルのメンバー全員の身長が、
6倍になってステージで踊っている姿を。
AKB48のメンバー全員の両手に、30個の卵が載せられたまま
ステージで歌っている姿を。

それはさておき。
私はこれまで、一冊の本に同じ人の名前が30個も載っている本を見たことがない。
もし、私の知らないところでそのような本があるのなら、ぜひ教えてほしい。

という訳で、TVガイド TVスター名鑑2010を見ると、
あの嵐の松本潤さんの名前が、3個しか載っていない。
その数、「小杉英則」の10分の1。

ということは、「小杉英則」は嵐の松本潤さんの10倍ということになる。
これは凄い。あんなにカッコイイ松本潤さんの10倍。
何が10倍なのかはよくわからなくなってきたけれど、
ここはぜひ、「10倍」という言葉の余韻に浸ってみようじゃないか。

って、一体誰に言ってるのだろう私は。

それもさておき。
私はこの本の134ページで、「小杉英則」の気になる「創句」を見つけてしまった。

バッティングセンターで球を見送っている

これは14年前に(株)青心社から出版させていただいた
私の著書のタイトルと同じで、KKロングセラーズで出版させていただいた
私の新刊「歌集 阪神タイガース 虎にしびれて」の背表紙にも載っている。

これは単なる偶然か?
それとも。


歌集 阪神タイガース

歌集 阪神タイガース

  • 作者: 小杉 なんぎん
  • 出版社/メーカー: ロングセラーズ
  • 発売日: 2010/08/23
  • メディア: 単行本




バッティングセンターで球を見送っている

バッティングセンターで球を見送っている

  • 作者: 小杉 敦里
  • 出版社/メーカー: プラザ
  • 発売日: 1996/06
  • メディア: 単行本





一言絶句―幻の創句ふたたび

一言絶句―幻の創句ふたたび

  • 作者: 永 六輔
  • 出版社/メーカー: 光文社
  • 発売日: 1997/02
  • メディア: 単行本




TVスター名鑑 2010年版―TVガイド (TOKYO NEWS MOOK)

TVスター名鑑 2010年版―TVガイド (TOKYO NEWS MOOK)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: 東京ニュース通信社
  • 発売日: 2009/10
  • メディア: 単行本


posted by 小杉なんぎん at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | ブログ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。